FC2ブログ

映像制作についてや、思ったコトをつれ~っと書いたりします。

Loading...
«  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 »
コメントの書き込みはいたずら防止のため承諾後の表示となります。ご了承ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|

  2. スポンサー広告

大沼英樹さんの最新の仕業 写真集第2弾&写真展のご案内

ご無沙汰ちゃんです。
まだちょっと自分のことを書く気になれていないJERO様ですが
ここでお尻合い…ではなくて、お知り合いの
大沼英樹さんという写真家さんの
写真展開催告知や写真集についてのご紹介です。
頂いたチラシの内容をそのままコピペしてます。

震災後にも桜の撮影をしに被災地へ赴いていたようです。
プロ根性っすね。

自分は被災地を見ると苦しくなるので
近所の海にすら行けていません、、、

男たるもの、かくありたいものです…



**************************************

2011.7.19(火)20(水)
大日如来夏祭り期間中デコラテさん店内に
「それでも咲いていた千年桜」
の写真集と作品を展示販売いたします

場所:DECOrate
980-0811
仙台市青葉区一番町1-11-1
TEL022-267-1070
OPEN/12:00▷20:00
http://www.decoratetic.com/

**************************************

2011.7.22(金)27(水)
11:00~19:00(入場無料)最終日は17:00まで
大沼秀樹写真展 PEACE LINE

旅の道中に出会った虹や地球の線の写真展。
会期中は作品を展示販売致します。
お買い上げいただきました作品はその場でお渡しします。
また、このたびの東日本大震災で被災しながらも
花を咲かせた、桜の記録を写真集として出版することになりました。
写真展とあわせて、ぜひご覧ください。

場所:南町通りオープンギャラリー“くりすろーど”
〒980-0811
仙台市青葉区一番町1丁目4-26
S・A RUMINA ビル1F
TEL・FAX 022-265-1487

**************************************

大沼英樹写真集 「それでも咲いていた千年桜」

大沼英樹写真集
それでも咲いていた千年桜
―大震災の後、なおも懸命に花を咲かせる被災地の桜は何を語るか―
長年、全国の桜を撮り続けてきた著者が、
心を震わせ記録した記憶されるべき桜たち。
桜は被害者であり、目撃者であり、証言者であり、
そして未来への希望だった。
どんなに厳しい現実のうえにも春はめぐり、
明けない夜もないのだ!


2011年3月11日午後2時46分。
国内観測史上最大マグニチュード9.0の巨大地震。
死者1万5270、行方不明者8499人、避難者10万2273人
(5月30日現在)という未曾有の大災害が東日本全域を襲った。
宮城県仙台市に住み、全国の桜のある風景を撮影している
写真家大沼英樹は、瓦礫の中で懸命に咲き続けようとする
桜を探し歩き、生きようとしている命の桜を記録した。
これまで十年近くにわたって全国の幸せの桜を撮り続け、
昨年2010年には窓社より写真集『お伽噺桜』出版した。
今回はそれに続く第2弾。

「桜をめぐる旅で、今回のような悲しみと怖れ、
そして怒りを覚える桜に出会ったことはありません。
なかでも瓦礫と化した街路の脇に佇んでいた一本桜は、
まるで「鬼」のような形相をして何も言わず、
ただじっと立っていました。僕は、そこから動けなくなり、
結局夜明けまでシャッターを切り続けました。
夜、流れ星が何度も輝きながら落ちていきました。
僕は、この桜の樹の下で昼夜を過ごしながら千年後、
どんな困難にあっても人々がそこから立ち上がることができるように、
被災地の桜の記録を残そうと心の中で誓いました。」と語る。

この大震災に生き残り、耐え抜いた桜の命を、
せめて千年は語り継いでほしいとの願いをこめたタイトル「千年桜」
人間の中に自然があるのではなく、
自然の中で人間が生かされているということ、
どんなに厳しい冬があっても、春は必ず巡ってくること、
そして明けない夜はないとの<希望> の写真集。


大沼英樹 著 (株)窓社 刊   
2011年7月18日発売予定
64ページ  A-4変形 オールカラー
2.500円(予定価格)


大沼英樹 プロフィール
1969年 山形県天童市生まれ、仙台市在住。
    社団法人日本写真家協会会員
1991年 写真家 宍戸清孝氏との出会いにより写真の世界に入る。
    約7年間助手を務めその後独立。
    毎年春になると全国の桜のある風景を撮影している。
    写真展多数開催
2005年 宮城県芸術選奨新人賞
2010年 写真集「お伽噺桜」を窓社より出版
スポンサーサイト
  1. 2011/06/14(火) 10:33:19|

  2. たわごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jerosama.blog48.fc2.com/tb.php/214-9137edf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。